Zoomふれあい看護体験

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは。4階東病棟師長 根岸です。臨地実習担当といって看護部で受け入れている学生実習の担当をしています。
去る7月29日、千葉県看護協会の委託事業である「ふれあい看護体験」を初めてZoomで開催しました。

3年前までは毎年、県内の中・高校生を招いて直接院内を見学してもらったり、病棟で看護体験をしてもらったりしていたのですが、コロナ禍で中断。
今年こそは、と手挙げしたのはよいけれど、Zoomではどこまでうまく説明できるかな、どれだけ応募があるかしらと心配でした。

でも、生徒さんの中にはコロナ禍で病院に来るのは不安、という方もいるでしょうし、少しでも生徒さんのお役に立ちたいと、
1か月ほど前から撮りためた院内の写真を使って、説明用のパワーポイントを作成しました。

CIWS(コロナ仮設)病棟や救急外来、陽性者が発生した後の濃厚接触者病室の感染防止状況など、リアルな現場の写真も、現実を知って進路を選択してもらえるように敢えて盛り込みました。
ECMO.jpg
CIMG6689救外2.JPGCIMG6692昼間の記録風景.JPG濃厚接触病室トリミング済.jpg集団申し送り.jpg

ベッド上での排便介助や経管栄養など口頭の説明だけではわかりにくく、パワーポイントに写真を載せることができない患者さんの様子は、無料公開されているイラストを入れてイメージをつかんでもらえるようにしました。
ベッドパン介助イラスト.jpg胃瘻栄養イラスト.png
結果は21名の応募があり、当日は19名が参加。男子生徒さんも3名いました。
パワーポイントによる説明の後、副主任と2年目の先輩看護師に加わってもらい、質疑応答。
あらかじめメールでいただいていた質問の他にも「女性看護師から見て、男性看護師の印象は?」など活発な質問があり、予定した1時間30分はあっという間に過ぎました。
先輩たちは口を揃えて「男性看護師はなくてはならない存在で、暴力をふるう患者さんや、セクハラ行為が見られる患者さんの対応などではとても頼りになります。」と答えていました。

近年、親や周囲の勧めで看護の道を選んだという方の中には、早くから仕事を続けられなくなる方がいることから、看護師は専門職として卒業後も常に自己研鑽が求められる職業であることも話しましたが、参加者の反応は上々でした。「情報収集では得られないリアルな情報が聞けて良かった」「説明を聞いて、改めて看護の道に進む心構えができた」「受験へのモチベーションが高まりました」といった前向きな感想が多く、頼もしく感じました。
未来のナースの卵ちゃんたちが是非とも志望校に合格しますように。数年後には千葉西ナースの仲間になってくださいね。お待ちしています!
今回参加できなかった方でパワポを見たいという方がいらっしゃいましたら、どうぞ看護部までご連絡ください。

手術室です!

| コメント(0) | トラックバック(0)
手術室副主任の根本と原田です!
暑い日が続いていますね~(;´Д`)
今日は、手術室の紹介をしたいと思います!
手術室には今年度新卒者1名・既卒者4名が入りました

P1840147.JPG                P1840142.JPG

みんな少しずつ職場に慣れてきたようで、↑この表情(笑)とても安心しました(*^_^*)
手術室は緊急手術も多く、とても忙しいです!
今年度からは新しい先生も来て、産婦人科の内視鏡の件数も増え、脳外科も内視鏡が始まりました!
その他、TAVIや低侵襲手術、ダヴィンチ等、多岐にわたる分野があります!
8月からは耳鼻科の手術が始まります!
毎日大変ですが、みんなで協力し頑張っていきたいと思います(^O^)/

指導者研修開催!

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは   (●´・ω・)ノ☆☆☆HELLO☆☆☆☆ヽ(・ω・`○)
          
          
指導者研修担当の竹田です(*- -)(*_ _)ペコリ

当院の教育プログラムには、
・ラダーレベル別教育
・教育担当者教育
・指導者教育
・看護専門教育

多岐にわたる教育を行っています。


そして、先日、指導者研修を開催し、「リフレクションについて」学びました。

With コロナ なので、感染対策を行っての研修です( ´x` )♡ 


当院の指導者研修対象者は、各現場の実地指導者ですが、新人・既卒者含め教育に携わる看護師としています。

講師は、7北病棟の大塚副主任!!

大塚副主任さんは、講義するにあたりドキドキしながらも、きちんと講義してくれました☆


「リフレクション」とは、振り返り・内省
自己の行った言動を振り返り、相手の受け取りから、どのようなことが得られたか。また、それを客観的にとらえること。


どの場面でも、リフレクションは有効です


場を和ますって、難しいな・・・( ^ω^)・・・


みんな、真剣にロールプレイ❕



リフレクションを通して、自ら学び成長するための「気づき」を養っていきましょう~ ▼o'ᆺ'o▼⚡️  

私的には、今回の研修で一番学んだのは、、、講師かなぁ~と思っています!!


また、研修風景をお届けしまーす(●)´`・)♡

          

ICUです。

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは。ICU看護師松本です。

短い梅雨が過ぎ去り猛暑日が続く7月になりましたね。
今年はICUに新人スタッフが6人もきてくれました。

ICUではほぼ毎日重症な患者さんや手術後の患者さんが入室されICUの平均在日日数は3~4日と様々な疾患の患者さんが多く入室されます。
そんな多忙なICUでひときは元気と笑顔で患者さんだけでなく周りの先輩スタッフまで癒してくれる今年の新人さん。

     
                      DSC00159 (2).JPG


日々進歩する医療。新人スタッフと一緒に自分自身の成長につなげられるようスタッフ一丸となって頑張っていきます。

| コメント(0) | トラックバック(0)
74CAC3C5-6482-4551-9654-66C35255C568.jpeg

みなさんこんにちは。透析センター副主任の村元です。看護師になって病棟経験を経て、昨年10月より看護師人生初の透析看護に挑戦しております。


透析治療を実際に行う透析センターでの看護というのは、病棟で行う看護とは違ったおもしろみがあると思います。異動してきたばかりで透析のこともよく知らない私は、患者様との関わり方に苦労したのを覚えています。患者様と関係を作っていくために、まずはとにかく自分から患者様に声をかけることにしました。患者様から透析のことを教えていただくこともあります。毎日関わりを続けていくことで、「この前はいなかったね。休みだった?」「元気?頑張ってね」と、患者様の方からも声をかけていただけるようになった時には本当に嬉しかったです。たくさん話をしていくうちに、患者様が抱える悩みや不安、複雑な思いが多くあることを知ります。透析を受ける患者様は一年365日週3回の通院、普段の生活での水分や食事管理、シャントの管理だったりと、抱える負担はとても大きいものになります。透析治療を続けながら日常生活を送る患者様達が、安心して今日も透析を受けられるよう努めることが、私達の役目だと思っています。



当院の透析センターは看護師の他に医師、臨床工学技士、看護補助者で構成されており、日々の透析治療を支えています。私も日頃たくさん助けていただいてます。本当にありがとうございます。今年は看護師は2人の新メンバーを迎えました。新たなメンバーも加わり、チーム一丸となって今年も透析センターを盛り上げていきたいと思います!

IMG_1767.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像IMG_1725.jpegIMG_1725.jpeg



外来です。

| コメント(0) | トラックバック(0)
 こんにちは。外来の北島です。
新型コロナウィルス感染者も少しずつ減少していき、当院は委員会活動や勉強会などの集合研修が再開され少しずつ日常が戻ってきました。とはいえ、いつ第7波が突入してくるかわからないので気を緩めず、感染対策を行っていきたいと思います!!
子供の通う学校でも、健康観察カードの廃止や夏に向けて熱中症対策を優先とし、場面によってはマスクを外すことを推奨するというお手紙が来ました。
すでにマスク焼けをしているわが子なので少しでも目立たなくなればいいなと思います_
EE36430F-945F-407D-853E-03F82D479234.jpegのサムネイル画像のサムネイル画像

昨年の10月に病棟から外来に異動になり早いもので7ヶ月が経ちました。外来では新人さんの配属がなかったので私が1番新人になります!循環器病棟勤務が長かったので外来での仕事は初めてのことが多く、また診療科が多いので各診療科をローテーションで回り先輩に教わりながらそれぞれの科での業務を習得しています。「看護師は一生勉強」と言いますがまさにその通りですね。
私が外来に異動し病棟との違いを感じたことが特に2つあります。
1つは、患者さんと接する時間が短いことです。その短い中でも患者さんが安心して診察、検査が受けられるよう説明や声掛けがより重要になると思いました。
2つ目は、限られた時間の中でアセスメントする力が必要になることです。病棟では診断名がついている患者さんが多いですが、外来は問診やバイタルサインなどから緊急性を判断しトリアージすることが重要になります。
外来では、救急外来と合同で月に1回トリアージカンファレンスを行い、情報交換や勉強会を行っています。症状が出現した順番を確認することで必要な検査が早く実施され病気を診断できたという内容でとても勉強になりました!
これからも日々学び、外来看護師として一人前になれるよう成長していけたらなと思います。
A7934B62-2298-4FB7-9F2B-6A3D64EB36E7.jpeg

3年目のCIWS

| コメント(0) | トラックバック(0)
CIWS(感染病棟)師長の須藤です。
新型コロナ患者の対応が始まってから3年目となりました。
プレハブでの感染病棟CIWSの運用も3年目です。
第5波では重症患者が増え、第6波では患者数自体が増え・・・
第6波の時には、1日に新規の患者を10人以上受け入れる時も何度もありました。
それぞれの流行で特徴も違いマニュアルを更新しながら対応してきました。
最近は患者数も減ってきて、やっとホッとできるようにもなってきました。
けど、患者が0になったわけではないので、次の波に備えながら新型コロナ患者の対応を続けていきたいと思います。

00006_Moment.jpg

外来化学療法センターです

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

こんにちは

外来化学療法センター副主任の沼口です

病棟から化学療法センターに異動して3週間が経ちました。まだまだ勉強不足ですが、先輩方に教わり徐々に慣れてきました!

最近暑くなってきましたね。暖かい、を通り越して蒸し暑くなりました1f4a6.png

化学療法センターでは、抗がん剤投与時の曝露対策のため防護服を着て患者さんの対応をしています。アイガードもつけるため毎日一人で暑がっています1fae0.png水分補給の水筒が欠かせませんね。

                                       

 

患者さんはリクライニングチェアかベッドで治療を受けていただいています。安全安楽に治療が行えるよう様々な配慮がされており、日々気付かされることばかりです。

 

頼れる先輩方が多いため、とても心強く、学びを深めています!化学療法を受ける患者さんが安心して安全に治療を受けられるよう、私自身も日々精進していきます!!

寒暖差があり、梅雨入りが近づいていますので、みなさんも体調を崩されないように、また感染対策にも気をつけていきましょう!

カテーテル室です。

| コメント(0) | トラックバック(0)

こんにちは

カテーテル室主任山内です。


千葉西病院は、現在心臓カテーテル件数が11年連続日本一です。

COVIDに負けず12年連続日本一に向けて日々頑張っています!!!


5月になり新しく新人さん2名配属されました。また、今年度から新しく副主任さんも増えました。

スタッフみんなで新人さんの教育を楽しく頑張っていきます。


IMG_0476.JPG

救急外来です

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは!(^^)!
救急外来 主任の長坂です。



だんだんと暖かくなってきて、桜も緑の葉が出始めてきましたね。
4月になり新入職者との出会いがありました。
救急外来でも新しいスタッフが増え、みんなワクワクとドキドキで胸躍ってます(=^・^=)

しかし、患者さんが搬送されてくれば、心を引き締め患者さんを迎えています!!


まだCOVID-19の影響もあり、防護服もかかせません!!