7階北病棟です。

| コメント(0) | トラックバック(0)
皆さん、こんにちは。7階北病棟 副主任 平澤です。

今回は7階北病棟について紹介していきたいと思います。

7階北病棟は整形外科、形成外科の病棟になります。
皆さんの想像されるとおり骨折に関する患者さんが多いです。
骨折される患者さんは高齢者が多いため骨折そのものだけでなく高血圧や糖尿病といった既往歴を持っていることが多くあり、また、退院支援についても触れる機会がある為幅広い知識が必要となる反面、やりがいもあるのではないかと思います。

手術や検査など移動もベッドである事が多く日々スタッフ同士で声を掛け合いながら協力、協調しています。


冬が本格的に始まり、令和元年も残りわずかとなりました。緩むことなくスタッフ同士協調して頑張っていきます。

6階南病棟です!

| コメント(0) | トラックバック(0)
  皆さんこんにちは、6南病棟副主任の箭内です。

 

 今日は6階南病棟の紹介をしたいと思います。

 

 6階南病棟は「消化器内科・外科」の病棟です!

 内視鏡検査など消化器の検査や手術、抗がん剤治療などを行う患者さんが多い病棟です。

 毎日様々な検査や手術を行う患者さんがいますが、新人・ベテラン関わらずスタッフ同士声を掛け合い、お互いに助け合いながら

 患者さんに安全に治療が行えるように頑張っています。

 また、6階の北病棟と合同で勉強会を開催するなど、皆で知識の共有をしながら新しい知識や技術を磨いています!

 

 

  毎日仲良く頑張っています!

 



 



こんにちは。3階東病棟 師長 根岸です。

私は、看護部の臨地実習担当として、看護学生や助産学生など外部の学校からの実習受け入れ調整をしています。

中でも近隣の中学生・高校生の職場体験は、将来の地域医療を担う金の卵ちゃんたちに直接病院の仕事を見てもらえるチャンス!

今月は市内某中学校から、5名の皆さんをお迎えしました。

まずは、体操着とエプロンに着替えて、院内見学です。千葉西総合病院が誇る屋上ヘリポートへ。

職場体験ホームページ用2.jpg


幸い雨も降らず、笑顔で写真を撮ることができました。

中央遠くにスカイツリーが見えています。晴れた日だと富士山も見えますよ。





病院で働く人、というと、医師・看護師・薬剤師くらいしか知らない生徒さんが多いのですが、実は、軽く20種類を超える職種の方が働いています。

職場体験に来る生徒さんたちは、看護師に興味がある方ばかりではありません。
一つでも病院の仕事に興味を持ってもらえたらと、院内のあちこちを回ってどんな仕事をしているのか、その仕事につくにはどんな学校に行けばよいのか、一つ一つ説明します。

そのあと、病棟で看護体験をします。

シーツ交換や患者さんの食事の配膳、生徒さん同士で血圧測定、などなど。

お昼には栄養科の協力により、患者さんの食べている食事をちょっぴり試食してもらいます。

短い時間でしたが、感想文に「千葉西総合病院で働いてみたいです」と書いてくださった生徒さんもいて、当院の良さをわかってもらえたみたいです。

指導してくれた病棟スタッフの皆さんにも感謝、感謝。


毎年夏休みには高校生を対象とした「ふれあい看護体験」を実施していますが、こちらは受付開始するとあっという間に枠が埋まってしまいます。
ご希望の方は5月末くらいから千葉県看護協会のホームページや各高校に送られるチラシをチェックしてみてください。


災害対策 DMAT出動!!

| コメント(0) | トラックバック(0)

みなさん、こんにちはハロー デコメ

4階東病棟師長 竹田です実写、クッキーモンスター、Hello、こんにちは デコメ

私は、災害対策に関わっていますので、そのお話をさせていただきますね★((っ-,_・・-)っペコッ


当院は、2019年4月に国から『災害拠点病院』を認可されさました。そのため、院内の災害継続事業計画や防災マニュアル、そして、JCIとの摺合せを行い活動を行っています。只今、DMAT隊員は1チーム稼働できます。(在籍者:医師2名、看護師4名、業務調整員2名)

院内での、災害対策活動として、

①7月15日 DMAT会議でトリアージ机上訓練

②9月7日 内閣府主催の『令和元年度 大規模地震時医療活動訓練』

③9月21日 院内防災訓練


を行いました★ルンルン★ デコメ


まず、①7月15日 DMAT会議でトリアージ机上訓練

当院本館1階の見取り図とそれぞれの職種と患者マグネットを作成し、行いました。

 



DMAT隊員は、自分の役割をきちんと理解しテキパキした意見や発言をしていました☆


②9月7日 内閣府主催の『令和元年度 大規模地震時医療活動訓練』

今回は、首都直下地震を想定した大規模地震時医療活動に関する総合的な実働訓練です。

※首都直下想定:東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県

 

当院は、災害拠点病院であるため実際の活動を視野にいれたシミュレーション訓練です。実際に、災害本部を立ち上げ、200名を超える想定患者が当院に押し寄せ、その患者さん方を一人一人トリアージし「緑・黄・赤」に振り分けました。そこから、治療開始されます。

当院での治療困難を判断した患者さんは、広域医療搬送されました。(これも訓練です。)

当院には、山形県よりDMAT隊員1チームが参集されました。

この訓練を行うことで、災害拠点病院としての役割を果たし医療ニーズへの対応、後方病院や搬送調整にかかわる課題の抽出ができました。


③9月21日 院内防災訓練

夜間の大規模災害発生(大地震からの火災発生を想定)し、

・初動対応

・被害報告

・火災発生

・通報

・初期消火

・避難誘導

の一連の動作を行いました。


このような訓練は、常日頃意識しながら業務していく必要があります。

避難経路はどこ?

消火器は?消火栓はどこ??

ゆるキャラ デコメ


当院では、看護部に下記の防災アクションカードを配布し、割り振られた勤務者に携帯してもらっています。

※後ろに、アクションが書かれています。


各部署の災害対策小委員会メンバーを中心に、災害に関する士気を上げれるよう、これからも

活動していきます。

ぺこり デコメ


そして、最後に!!


9月10・11・12日 千葉県台風15号被災支援に我ら、DMAT隊員が出動しました。

主な活動は、停電病院からの搬送でした。

すごい すごい デコメ





糖尿病教室

| コメント(0) | トラックバック(0)

みなさん、こんにちはHello デコメ


4東病棟師長 竹田です(^-^)/
今日は『糖尿病教室』を紹介します☺️
毎月第4土曜日に、外来や入院患者さんを対象に行われています✨

講師は、
医師   (日本糖尿病学会認定糖尿病専門医・指導医  今村賢司先生)
看護師(糖尿病療養指導士 村元さん 坂田さん)
薬剤師(糖尿病療養指導士 深澤さん)

内容は!!
糖尿病の病態生理、症状、日常生活での注意点、観察、予防などなどです。
この教室は、患者さんと医療者の距離が近く患者さんは不安や相談をしやすい雰囲気です。

  勉強頑張れ デコメ

生活習慣病は、日常生活の中で上手く付き合っていく必要があるため、この教室は地域住民の方にとって、
とても必要なものだと思います(・Д・)ノリアクションだよ。笑う デコメ

☆病院祭☆

| コメント(0) | トラックバック(0)
 朝晩、秋の気配を感じる季節となりました。皆さん、こんにちは、6北病棟の副主任の及川、松岡です(´・ω・)


         

当院では、9月8日に、病院祭が行われました。地域の皆様のご協力もあり、たくさんの来場者の方を迎える事ができました。院内では、各病棟から病院祭の担当者を決めて、当日まで準備を進めてきました。
当日は、飲食店を始め、看護部のブースでは、血圧、血糖測定をし、健康相談をしました。普段はゆっくり患者様の話を聞くことができないため、この日は一人ひとりの相談にのることができ嬉しかったです。
午後からは、当院認定看護師主催の講演会を開き、より、専門的な話を聞いていただく事ができました。
ちーば君も、看護部のブースにも来てくれて、血圧を測ったり、、、(^O^) みんなとたくさんふれあってくれました。当院では、通常診療のほかにも、このような地域の方々とのふれあいも、大事にしています。
毎年、この時期に開催されます。また、来年も、ご来場お待ちしておりますm(__)m

5南病棟です☆

| コメント(0) | トラックバック(0)

こんにちは、5南病棟副主任の新妻です。


私が勤務する、5南病棟の紹介をしたいと思います。

当病棟はなんといっても千葉西の要、循環器病棟です。

毎日、カテーテルの患者さんや循環器疾患の患者さんが多くいらっしゃいます。

そんな中で、知識・技術はもちろん、スタッフの教育にも力をいれています。

それぞれのスタッフが切磋琢磨しともに協力し合い、成長できる環境にあります。


そんな今年の新人さん。

出来ないことを悔しく思ったり、時には患者さんを思って涙する日もあります。

でも、それもまた成長です。たくさん感じ、たくさん学び、どんな患者さんにも思いやれる看護師を

目指してほしいと思います。


写真は、ある日の一枚。

たくさんある心電図モニター前での一コマ。

先輩・後輩関係なくモニター前で波形について考える。循環器病棟ならではです。