職場体験の中学生が来ました!

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは。3階東病棟 師長 根岸です。

私は、看護部の臨地実習担当として、看護学生や助産学生など外部の学校からの実習受け入れ調整をしています。

中でも近隣の中学生・高校生の職場体験は、将来の地域医療を担う金の卵ちゃんたちに直接病院の仕事を見てもらえるチャンス!

今月は市内某中学校から、5名の皆さんをお迎えしました。

まずは、体操着とエプロンに着替えて、院内見学です。千葉西総合病院が誇る屋上ヘリポートへ。

職場体験ホームページ用2.jpg


幸い雨も降らず、笑顔で写真を撮ることができました。

中央遠くにスカイツリーが見えています。晴れた日だと富士山も見えますよ。





病院で働く人、というと、医師・看護師・薬剤師くらいしか知らない生徒さんが多いのですが、実は、軽く20種類を超える職種の方が働いています。

職場体験に来る生徒さんたちは、看護師に興味がある方ばかりではありません。
一つでも病院の仕事に興味を持ってもらえたらと、院内のあちこちを回ってどんな仕事をしているのか、その仕事につくにはどんな学校に行けばよいのか、一つ一つ説明します。

そのあと、病棟で看護体験をします。

シーツ交換や患者さんの食事の配膳、生徒さん同士で血圧測定、などなど。

お昼には栄養科の協力により、患者さんの食べている食事をちょっぴり試食してもらいます。

短い時間でしたが、感想文に「千葉西総合病院で働いてみたいです」と書いてくださった生徒さんもいて、当院の良さをわかってもらえたみたいです。

指導してくれた病棟スタッフの皆さんにも感謝、感謝。


毎年夏休みには高校生を対象とした「ふれあい看護体験」を実施していますが、こちらは受付開始するとあっという間に枠が埋まってしまいます。
ご希望の方は5月末くらいから千葉県看護協会のホームページや各高校に送られるチラシをチェックしてみてください。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.nursing-dept.com/mt-tb.cgi/455

コメントする